※当サイトは一部アフィリエイトプログラムに参加しています

末期癌を7週間で完治させた医者の自然治療法とは?

スポンサーリンク
病気
砂浴

ニューヨーク在住の、自然療法治療家でヒーラーの、Dr.小林健氏の脳死体験を書いた著書が面白かったので、2冊めを読んでいる。

人気作家で、スピリチュアル体験のある、吉本ばななさんとの対談本だ。

小林医師は、末期癌や難病で、医者から見放された患者を救っているのだが・・なんとご自身が「末期の癌」になって、自力で治した経験を、この本で語っている。

スポンサーリンク

断食療法7週間で癌が消えた

患者さんが好きで、朝9時から夜9時まで、月曜から日曜まで仕事をしていたわけです。楽しくてしょうがなくて、幸せそのものだったけど、それを続けていたら、首が回らない。(中略)仕事が終わって、トイレに行ったら、ボールいっぱいの血が出たんです。自分で聞いたら、末期の癌だと・・

ミラクル☆ヒーリング2

「自分で聞く」というのは、この方はヒーラーで、(亡くなった人とも会話できるそう)自分自身のどこか(魂?)が答えるようだ。

患者さんにやっているのと同じようなやり方で、好きなウォッカも一切止めて、治療時間を10時から5時にして、週末は働かない。 お肉、天ぷら、バターチーズ、ミルクなどを一切やめて、野菜ばっかり食べるようにしたんです。

それから朝は食べないようにして、昼食も治療の合間におにぎりと野菜炒めを、ちょこちょこ食べるぐらいにして、夜は食べない。

そして社員に煎じてもらった漢方薬を飲んで、自分でハグしてともかく寝ました。それから鏡に反射させて、自分に量子波を当てる。それだけです。

ミラクル☆ヒーリング2

「量子波」とは、小林医師が取り入れている治療の一つで、「量子波ヒーリング」というもので、自然治癒力を増す作用があるらしい。

量子波は私は未経験で、どこまでの効果があるか知らないけど、断食療法西式甲田療法が有名。

西式甲田療法とは↓

断食は万病を治すという説で、現代のファスティング療法の基となっている。

西式甲田療法の症例では、末期がんの患者が4~6ヶ月断食療法をすれば完治した、との報告が幾つもある。

重い症状なら、1日スープ1杯だけ食するだけで、数ヶ月過ごすのだが、補強する栄養分は患者に応じて、サプリなどで摂取するそうだ。

小林医師の場合は、昼食のみの断食、少食で乗り切っている。

猫は体調が悪いと、決して食べない。

私自身、普段は昼夜の2食だが、調子が悪いと昼や夜を抜く。これで薬を飲むことなく、大抵は乗り切っている。

\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場
¥1,540 (2024/04/10 12:19時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場

猛烈な毒素を吸い取る砂療法も癌細胞を消す!

そうやって7週間目ぐらいかな、気分が良くなったので、病院に行きました。僕は気分が良くない時は、病院に行かない方がいいと思っているんです。僕はどんな病気でも7か月以内に治す主義で、58年やってきています。

二百十日で細胞が全部入れ替わるんです。その時は7週間で癌がなくなった。

次に行ったことはハワイに行って、若い子に5ドル払って、アンブレラを持ってきてもらって、砂浜を掘って埋めてもらって、時々水を飲ませてもらって、6時間。

次の日は、他の場所に穴を掘ってもらって、6時間。それを7日間やりました。

念のためにその砂をピックして、ニューヨークに帰って顕微鏡で見たら、何百億もの癌細胞がいるので、うわーと思ってびっくりしました。それで血液検査を受けたら癌はない。砂は吸い取るんです。それ以来何もしていません。

3ヶ月後からウオッカを飲み始めて、お魚も銀ダラから、ほんの少しずつ食べ始めて、玄米を食べたりしました。それまでお米は砂糖になるので、ほとんど食べなかったんです。

ミラクル☆ヒーリング2

私が学んだ、東城百合子さん著書の「自然療法」の中に、砂療法がある。

昔の海水浴でよくある風景で、えっ、これが療法なの?と、最初は驚いた~。 小林氏は実際に体験して、癌を退治しているんだわ。

小林氏は西式甲田療法の甲田医師と交流がある。

そして東城氏さんが学んだお一人、宿便排出研究家の尾藤章氏が、西式で学んでいる。根っこをたどれば、発見は西式の西勝造医師なのだろう。

自然療法によると、砂の中に2時間も入っていると、ものすごく臭いガスを発散させるのだとか。

砂には猛烈な毒素を外に出す働きがあるので、長いほど入っていると良く、8時間ほど入ると効果が高いそうだ。

一度、体験してみたいところだけど、夏でもない限り、ハードルが高いわ・・

そういう時は、「アーシング」という海外の療法がある!(長くなるので、次回に記載します)

健康でもオーバーヒートになれば、癌になる

癌は恐れられているが、原因は血液の汚れなので、血液をきれいにすれば治る。これは万病に言えること。

甲田療法の甲田医師、千島・森下学説の森下医師、免疫革命の安保徹医師達の理論を読めば、結局はこの結論!

小林医師は、断食と野菜中心の少食、肉食を辞めている。肉や砂糖は癌の好物だそうで、これを辞めるだけでも日頃の癌対策になる。

癌になった原因を、彼はこう答えています。

 健康でも癌になるということです。「完全にオーバーヒートだから、この辺で警告として癌を作らない限り、あんたは即死する 」と言われた。(中略)

そういうことで誰でもがんになる。現に毎日100億個くらい作っているけれども マクロファージ、キラーT細胞、インターフェロン、そしてリンパ球とかが食べてくれているから持っているだけで、ライフスタイルがおかしいと、殺されないのが10匹ぐらい残っていて、それを足していくから、3年後に癌になってしまうんです。

ミラクル☆ヒーリング2

コメント