※当サイトは一部アフィリエイトプログラムに参加しています

借金地獄・友人から切羽詰まった電話が来る

スポンサーリンク
にんげん観察

昨年暮れ、何度か携帯の着信があり、ようやく繋がった途端、いつもとは違ったトーンの声で、彼女はまくしたてた。

エステサロンを一人経営している遠方の友人で、数か月に一度、お客さんが切れた時間に世間話電話をしてくる。

が、この日は正午から、何度か掛かってきていて、何か急用かな?と議案していたのだけれど。

高いトーンの声で、興奮気味、それも早口で‥私は口を挟めない。

スポンサーリンク

借金が返せない

「夫の仕事が上手くいかなくて、借金が増えて、、返せなくなったの」

3年前に独立した彼女の夫は、工務店関連で、コロナ禍も影響したのだろう、事業が上手く回らずに、銀行やらカード会社や街金に借り続けて、ついに手一杯になったという。

借金の額は1000万円。数か月前から、バイトに出掛けているが、とても間に合わない。しかも腰痛が酷くて、肉体労働のバイトも続くかどうかわからない。御年63歳。

「そうなの、大変やったね・・借金取り立てが来てるのなら、自己破産も考えた方が」

「それしかないと思ってる。でもどうやって進めたらいいのか・・」

私は以前にフランチャイズ経営での詐欺に遭い、やっと黒字に転換した時に店を乗っ取られ、投資したお金も店も何もかも失う羽目になった。

まさかこんな事態になるとは・・自分の甘さにトホホだった。

弁護士に相談に行ったが、相手が悪すぎる(ずる賢こすぎる)ので、戦うにはかなりの体力が必要で、もう何回も裁判をしてきた私も50代半ば。

裁判にお金と時間を掛ける余裕は無い、何しろ明日の生活費も見通しが立たないのだから。

それから5年程必死で働いて返済し続けたが、体を壊し、区役所に相談に行ったら、自己破産を勧められた。

体調はどんどん悪くなり、起き上がれない日も続いていたので、もはやこれまでと白旗を上げることにした。

親切な区役所の職員さんに、「法テラス」を紹介してもらい、無料の弁護士相談を受けた。

破産処理だけなので、近くの女性弁護士さんに依頼した。

友人にも「法テラス」を紹介し、ホームページに弁護士紹介ページがあるので、そこから選ぶといいよと伝える。

「先月、夫から15万円生活費貰って、けど今月は貰えない・・どうしよう。うちは家賃5万だけど、ここ出ていくのは嫌って、夫には言ったのよ」

(それほど追いつめられていたのに、生活費をずっと15万円入れてた夫さんはエライ、なのに責めるようなことを言うのはダメやん)と心の中では感じたが、そういうこと言える雰囲気ではない。

「家の中の不用品を売ったら?ヤフオクとかメルカリで」

「不用品は何もない。処分してしまったし、ブランド品なんて無いし」

「普通の服でも、家具でも、本でも何でも売れるよ」

「私、ネット苦手だし」

「スマホで簡単にできるよ、旦那さんにしてもらえば」

「・・・」

「それか、保険は?生命保険があれば、借りられるよ」

「保険は二人とも解約したの」

「そうか、では何か仕入れて売れば?」とネットビジネスを色々と教えるも・・まるでやろうとする気配が無い。

それよりも、自分の窮状に突き上げられてるようで、思考が働いてないのかもしれない。

彼女は夫の保証人になってるので、彼女自身も自己破産せねばいけないと言い、

「離婚してもいいのだけど!」

なんて、それはなにもならないやろ!離婚しても保証人はそのままなんやから。

しっかりして、はっきりものを言うし、努力家の彼女を私は好きだし、強いと思っていたが、意外な面も見えてきた。大丈夫かな・・

切羽詰まったトーンは治まらず、ほとんど彼女がまくし立てた3時間以上の電話は、ようやく終わった。

破産費用が払えない

「お金のことが一番苦しいよね!」と何度も、彼女は繰り返していた。

そうだね~私も苦しかったわ、、明け方近くに目が覚めて、胸が重く痛いなか、「死にたい・・」と度々絶望していた、辛い5年の日々。

ある大雨が続いた季節には、うちの裏は山の麓なので、土砂災害の危険を知らされたが、猫たちを連れて逃げる場所も元気もない。

「この時に、土砂が降り注いで、家ごと埋めてくれたらどんなに楽か・・と思ったわ」と、お金で苦労している友人二人に呟いたら、二人とも「すごく、分かる・・」と痛く共感してくれたので、驚いた。

苦しい時、思うことは同じなんだね、人間は。

次の電話では、弁護士に相談に行ったが、弁護士費用と手続きで50万円と言われたと嘆く。

弁護士費用は法テラスで借りられるのだが、夫さんは法人経営なので、借りられないらしい。

次の弁護士に出向いたら、今度は30万円の提示。

「お金が無いから破産するのに、なのにお金が掛かるっておかしい、おかしい」

しきりに彼女は嘆く、嘆く。

法人は税金が安くなるという得点があるので、仕方がないのではと答えたが、納得いかないらしい。

結局、ぎりぎりまで持ち越してはダメで、手前で準備しなければいけないということだ。経営者は。

親戚や親も借りれる人は誰も居ないという。後は、夫の年金支給。

「前倒しで貰えるから、年金事務所に問い合わせたら?」

「夫にそう言ってるんだけど、もうノイローゼみたいになっていて、まだ行ってないの」

では、あなたが行けば?

申しわけないが、私は少しずつイライラしてきた。

行動しないと、解決策が見つかりませんよ。

地獄は乗り越えられるようになってる

正月に年始の絵葉書メールが届いて、「また話聞いてくださいね」とメーセッジ。

そのあと、年金の話の報告も全然無いので、メールしたら、

「風邪を引いて高熱がある」「体調が悪い」との返事。

ストレスがすさまじいのだろう、一応自然療法での治療は伝えましたが。

早まったことをしたら・・全く無いとは言えない恐ろしい事も頭をかすめる。

それにしても、たった3年の経営失敗で、こんなに追い詰められるとは。

夫さんはずっと会社員で、彼女は趣味程度でエステサロンをしただけで、普通に暮らしてこれたのだろう。こんな人ほどドツボにはまる。

これまで順調な人生だった50~60代の人が、大きな崖から落ちちゃうのを結構見てきた。

しかし皆、何とか踏ん張って生き残っている。

この世の地獄は乗り越えられるようになってる、人間は。

たまに一緒にお酒を飲むと、「えらい目に遭ったなぁ」と過去の失敗をつまみにしたりして、笑い合う。

順調だったころは、見えていなかった自分のあほさ加減や、人生の襞をひしひしと感じたりする。

それも良しとするかな。

友人夫婦も乗り越えるだろう、きっと。

数秘術には、9年ごとの年回りがある。

いい年、悪い年というのは無くて、種をまく年、育てる年、花が咲く年などがあり、その年を知ることで動きを決められる。

今度連絡が来たら、彼女たちの年回りを教えてあげることにする。

コメント