※当サイトは一部アフィリエイトプログラムに参加しています

厳寒の時期なのに、なぜか猫ノミが発生したので猫蚤駆除薬を購入

スポンサーリンク
猫の話

我が家は古い日本家屋で、昼間でも家の中は暗い。

なので、朝方の6時はまだ闇の中だ。布団を剥ぐと、しんしんと冷気がまとわりつく。

またまた厳しい寒さがぶり返している、、なのに足首が酷く痒いのは、猫ノミのせいだろう。

スポンサーリンク

虫刺されの痒みに即効!ドクダミエキス

腿(もも)の辺りも非常に痒い。

猫が潜ってくる寝床の中と、コタツの中で、ちょっと暖かかった半月ほど前から生存しているらしく、1日に2~3か所が咬まれ始めた。

1か所がとにかく痒くて堪らないので、台所にドクダミエキスを取りに行く。

これは毎年、庭に生えるドクダミの葉や花を天日干ししてから、リカーに漬けたもの。1か月もすれば、ドクダミエキスが出来る。

このドクダミエキスが虫刺されの痒みにすっと効く。

すぐに痒みが取れるので、昨年あんなに毎日ノミに喰われても、耐えていけたのは、これがあったおかげ。

もちろん、蚊の多い我が家の夏にも欠かせない。

化粧水にも使える・シミ消しになるとか。

楽天でも購入できます↓

猫ノミとの壮絶な格闘の日々

昨年一昨年と2年続けて、6月に猫蚤が大量発生して、退治するのに苦労した。

寝る部屋にも台所にもトイレにも、移動する度にピョンピョン飛びついてきて、噛みつかれ、足の皮膚は数十箇所(いや、百は越えたかも)、点々とシミだらけの悲惨な状態となった。

一昨年は、危険性の高い薬剤は嫌だと、ガーリックオイル(ニンニクをスライスしてオリーブオイルに浸し、そのオイルを1~2滴ご飯に混ぜるというアロマ的蚤退治法)を飲ませていたら、見事に失敗!

それでも、ノミ取り櫛で猫1匹1匹を梳いて、毎日数十匹退治し、ペパーミントが効くとネット情報で見て、生葉を床などに撒いたが、増えるスピードが早くて追いつかない。

結局は、「stronghold(ストロングホールド)」という、副作用のない、安全な蚤ダニ薬を猫たちに添付して、それからもしばらくは格闘が続いた後、ようやく秋に終焉を迎えた。

去年も、その薬を準備しようとした矢先に大量発生してしまった。海外通販でしか買えないので、届くのにも時間が掛かる。

母の介護中だったので、うっかり忘れていた。幸い、母のベッドには移らなかったので助かった。

猫蚤は蚊の痒さとは違って、痒みがぶり返すので辛いのだ。

で、去年はすぐ届くアマゾンで、フロントラインのジェネリック医薬品を見つけて買った。

時すでに遅しで、寝床についた蚤は図太くしつこく、毎日掃除機やコロコロで掃除して、うだる暑さの中で布団乾燥機のダニ退治セットを掛けたが、一時的に減る程度。

天然素材系のダニスプレーをスーパーで見つけて、撒いたら、まぁまぁ効いたが・・

しかしまた朝方に増えるので、痒くて目が覚めたら、コロコロを転がして、スプレーを撒いた。

布団の下に敷くダニ除けシートも敷いたが、効くのは2~3日程度。

それでも一時的にでも咬まれなくなってほしいと、スプレーは10本以上、シートは3回分消費した。

これがやはり涼しくなった秋まで続いた格闘だった。

気温が下がると、蚤はやはり猫の暖かな体温の中でしか生きられないのだ。

スプレー瓶をゴミ袋に入れながら、「ハハハッ、ざまあみろ!」と長く続いた戦いを鑑みながら、これからの安眠を嬉しく思う私。

・・なのになのに、こんなに厳しい寒さの中で、痒さ地獄を再び味あわねばならないのだ?

部屋にはエアコンも石油ストーブも無く、パネルヒーターとコタツだけ。

おまけに、外猫が出入りできるように、縁側に続くガラス障子と、縁側のサッシも少し開けているので、遠慮なく隙間風が入ってくる。

なので、部屋全体は暖かくは無い。いやいや、エアコンのあった部屋でも冬には発生しなかったよね?

これは、去年産まれた子猫5匹達のせいなのか・・それでも他の猫と合わせて10匹、外猫が2匹。

一番多いときは16匹も居たからなぁ。

猫たちをよく観察してみると、後ろ足で激しくカキカキしてる子が数匹居る。やはり蚤が増えてるんだ。

まぁいいや、これも何かの知らせだろう。今のうちに手を打っておけば、夏中悩まされることも無い。

で、注文しました↓

フロントラインの半額近くて、助かるわ。

フロントラインは、危険と言う説もあるけれど、今までの猫には何の支障も無かったし、今は病気の子や高齢すぎる子も居ない。

逆に蚤が増えすぎると、猫の健康も損なわれる。

痛しかゆしと言ったところ・・

ちなみにストロングホールドの成分は、コロナ禍で有名になった「イベルメクチン」から作られるらしい。これは日本の土壌の放線菌から、ノーベル賞の大村博士の偉大なる発見。

なのに、日本では「イベルメクチン」もストロングホールドも売られていない。認可されていないのだそう。

海外では家畜の感染病対策、健康維持にもう40年も使用されていて、安全度は保証されている。海外通販はOKなのだから、国内でも早く手に入るようになってほしいものだ。

世界で4億人を救ってきたイベルメクチン。ノーベル生理学・医学賞 大村智博士が語った「研究の経営」|人間力・仕事力を高めるWEB chichi|致知出版社
人間力・仕事力を高めるWEB chichiの、世界で4億人を救ってきたイベルメクチン。ノーベル生理学・医学賞 大村智博士が語った「研究の経営」のページです。

添付した翌日から痒みから解放される

さてさて、「ベットワン・キャットプロテクト」をアマゾンで注文すると、翌日到着。

その夜にさっそく一匹ずつ、間違えないよう名前を紙にメモしながら、添付した(なにせ、数多いからね)

すると、翌日には何の痒みも無く、目が覚めた。前の日に噛まれた部分がやや痒いだけ。

それも徐々に収まり、次の日からは全く噛まれなくなった。

猫たちも後ろ足での激しいカキカキがなくなった。

痒みがないということは天国だわ。猫たちもそう思ってるだろうか?

コメント