※当サイトは一部アフィリエイトプログラムに参加しています

猫の毛並みがピカピカになる手作り鶏ガラスープ

スポンサーリンク
猫ご飯

食養生を実践し始めたのは7年前。

体調を崩していたことから、高齢の母を引き取った時点で開始した。

もちろん、猫たちの食事も同時に見直すことにした。

それまでも、市販のフードだけではなく、元料理人の猫友のおじさんが、港の卸市場で魚を貰ったと、時々お裾分けしてくれるので、イワシなどをブチ切りにして食べさせては居たのだが。

いざ、ネットで調べた本格的手作りご飯を作ってはみるものの(鶏肉に野菜やら混ぜて炊き込んだもの)、匂いを嗅ぐだけで、誰も食べてくれない。

スポンサーリンク

鶏ガラ、魚のアラ、硬い部分は上手に残すよ

やはり子供の頃から馴らしておかないと、猫はそういうもんだそうだ。(気まぐれ?警戒心?)

で、高齢猫や病気の猫には、刺身を与えていたけど、数が多いので、予算が持たない。

あれこれ、試行錯誤の結果、今は週に2~3回、イワシかししゃもなどの魚か、鶏肉をさっと湯がいて与えている。

鶏は、胸肉や手羽先やら、その日の特売で決めるが、絶対に国内産のものしか買わない。

業務スーパーの冷凍品はすごく安いが、ブラジル産だったので、辞めた。なんか、薬漬けらしいのだ。

スーパーにあれば、鶏ガラを買ってきて大鍋で、スープを作る

鶏ガラをきれいに洗って、水からコトコト、とろ火で1時間ほど煮込む。

天然塩を適量入れて。いい天然塩なら塩分過多にはならないのだ。

鶏ガラは硬いところを除いてあげると、若い猫たちはガリガリ咬んで食べている。

生後2か月の子猫が興奮して、何か咥えているので、追っかけていくと口から取り上げたら、手羽元の先っちょだった。

大丈夫かと心配したけど、猫の歯はやはり野獣の歯なのだ!

それに、とても硬い部分はちゃんと残している。賢い~

やはり野生の本能は生まれた時から、ちゃんと備わってるんだ。

あんまり過保護にしちゃうと、天からの贈り物を無駄にするようで、もったいないね。

年配の猫たちはスープだけを与え、どの子もぴちゃぴちゃと美味しそうによく飲んでいる。

こういう時間が、私の至福の時😊

この鶏がらスープを与えだしてから、皆、毛並みがピカピカになっていった。体自体も、しっかりと骨格が出来上がった感じ。

骨密度を測りたいくらいだけど、猫の健康診断にもあるのかな?

魚のアラも硬いところを上手に残して食べます

市販フードはできるだけ無添加のものを

なんせ外猫も合わせて、現在12匹(昨年子猫5匹が追加~)なので、市販フードに頼らざるを得ない。

以前はあまり考えずに、大袋で安めのものを購入していたが、添加物を調べていくうちに、猫には意味のない着色料とか(毒性が強い)なぜ入れるのだろうと・・

値の張るプレミアムフードには、ほとんど入ってないというのに。

その後は、特に合成保存料と合成着色料に気を付けて探すようにした。

缶詰は、あまり添加物の心配は無いが、出来るだけお得で、安すぎないものを選んでいる。

おやつには鰹節や、出汁を取った後の煮干しを与えている。

でもフードしか与えていなかった時代と較べると、週に2~3回でも自然の魚や鶏を与えてるだけでも、猫たちの体調が全然違う。

昔は、よく猫が風邪を引いたり、病気をしていた。

短命の子も居たし・・よく動物病院へ走っていったことだ。やっぱり、基本は食べ物からなんだね。

毎日手作りご飯を食べさせてあげたいな。

それにはもっと一生懸命仕事しないとね。

コメント